curtain stylehomemapmaillink

カーテンのお手入れ

カーテンも安いアイテムではありません。出来るだけ長く買ったときのまま綺麗に使っていきたいですよね。お気に入りのカーテンなどは特に大切にしたいでしょう。カーテンがシミやホコリなどで汚れていたらお部屋の空気も悪くなっちゃいますし、どんなにおしゃれなカーテンをしていても見栄えが悪く不潔な印象を与えてしまいます。そこで、このページでは、カーテンの正しいお手入れ方法をご紹介していきたいと思います。きっと、みなさんのお家のカーテンも1トーン明るくなっちゃいます!!

 

カーテンを洗う前に・・・

 

まずカーテンを洗う前にすることは、カーテンについているホコリやゴミを落とす作業です。広い場所にでて、カーテンをはたきましょう。その際は他の洗濯物にホコリが飛ばないように気を付けましょうね。カーテンをレールから外した後は、カーテンレールも一緒にお掃除しておきましょう。せっかく手間暇かけてカーテンを洗ってもレールがホコリまみれだとまたカーテンを汚してしまいます。カーテンレールの上の部分は特にホコリやゴミが溜まりやすくなっているので、汚しても構わない布やぞうきんなどで綺麗にふき取っておきましょう。そして、カーテンにシミなどがないかも確認してみましょう。もし、シミになっている部分を見つけたら、あらかじめシミ抜きを行っておくと落ちやすいでしょう。また、カーテンが紫外線・太陽焼けしている場合などは残念ながら元の綺麗なカーテンに戻すことは出来ません。思い切って買い替えるか、まだ使用できる部分だけを工夫して再利用するかなどを検討しましょう。あと、カーテンを洗濯機で洗う際に一番多い失敗がフックを外し忘れて一緒に洗ってしまうことです。フックは金具でできているので、洗濯機自体にも大きなダメージを与えてしまいます。もちろんカーテンもフックによって穴が開いてしまったりと悲惨な事になりかねません。1つ1つ確認してフックを取り外しましょう。

 

洗濯機で洗う

 

カーテンを自宅の洗濯機で洗う場合は十分な注意が必要です。まず、お持ちのカーテンを洗濯機で洗うことが可能か表示確認をしましょう。最近は洗濯機の機能が上がりクリーニング機能や優しく洗う手洗い機能などが豊富になっていますから、洗濯機使用可能なカーテンも多くなっているようです。洗濯機でカーテンを洗う際は、綺麗に折りたたんで洗濯ネットなどに入れると綺麗に洗い上げることが出来ます。また、生地によっては水洗い自体が不可能なカーテンもありますからしっかり表示を見ましょう。

 

手洗いで洗う

 

カーテンを手洗いで洗濯した経験はありますか?実は、カーテンの手洗いは結構な力仕事になるんです。わたしも、一度だけカーテンを自宅で手洗い洗濯してみたのですが、その大きさと水を含んだときの重さにはビックリしましたね。干すときの脱水作業(もちろん自分の手で絞るんですが・・・)にもかなりの体力を奪われました。あれ以来カーテンを手洗いするなんて発想はなくなりましたが、皆さんは手洗いしているんですかね?カーテンの手洗いは、洗うのも、絞るのも、干すのも大変です。多少費用がかかってもクリーニングに出した方が良いでしょう。カーテンの全体を洗うのではなく、カーテンに小さなシミが幾つかある・・・といった程度の汚れ度合いなら部分洗いのしやすい手洗いでもOKだと思います。

 

check

生地の通販なら
http://www.syugeiyasan.co.jp/
iPhone 買取 仙台
http://iphonesyuuri-naritaya.com/shop4/
メガネ アイワ 葛西
https://www.ohmyglasses.jp/retail/stores/446
粉末緑茶なら
http://www.matsudaen.com/

Last update:2017/4/10

Copyright